シースリー 池袋東口

 

アトピーでも脱毛できるの?

 

シースリー,池袋東口,C3,池袋東口店,店舗,行き方,場所,脱毛

 

シースリーのような脱毛サロンで施術してもらえるかどうかはアトピーの程度によります。
状態がよければ施術してもらえるサロンはあります。

 

しかし、実際にはアトピーや敏感肌が酷いと施術を断られることがあります。
脱毛は肌への負担が大きいため、肌トラブルを引き起こす恐れがあるからです。

 

例え一度通いだしたとしても、症状の程度によっては一時的にお休みしなければならない場合もあります。
なのでアトピーの方は、保障期間が長いサロンや返金保障のあるサロンを選んだ方が良いでしょう。

 

また、何かあったときの為に、医療機関と提携している脱毛サロンが良いです。

 

 

自己処理でアトピーが悪化している?

 

アトピーの方はムダ毛の自己処理により肌の状態を悪くしているケースがあり、脱毛をすることによって、肌の状態が改善されることもあります。
自分でできる脱毛方法には、ワックス脱毛、毛抜き、カミソリなどがあり、いずれも肌トラブルを招く恐れがあります。

 

ワックス脱毛はワックスの薬剤が皮膚に合わない可能性がありますし、毛抜きを使えば毛が抜けた毛穴にばい菌が入って化膿したり、埋もれ毛になる恐れがあります。

 

また、カミソリを当てるのも皮膚を傷つけて出血したり、肌荒れを起こす原因になります。
これらを考慮すると、ムダ毛を自己処理するよりもプロの手で脱毛してもらった方がよっぽど安全に思えてくるでしょう。

 

そこで、脱毛するなら医療機関の方が何かあったときに対応してもらえるので安心のように思えますが、クリニックで行っている医療レーザー脱毛や電気脱毛(ニードル脱毛)は、実は肌への負担が大きいので、必ずしも安全とは限りません。

 

それなら光脱毛(フラッシュ脱毛)の方が肌への負担が少なくて済みます。

 

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)にも二種類ある

 

実は光脱毛(フラッシュ脱毛)の脱毛方式にも二種類あって、IPL(インテンスパルスライト)脱毛とSSC(スムーススキンコントロールメソッド)脱毛というものがあります。

 

特にSSC(スムーススキンコントロールメソッド)脱毛は、肌にジェルを塗って光を当てるという方法なので、肌への負担がより少ないものになっています。
なので、光脱毛(フラッシュ脱毛)をするならSSC(スムーススキンコントロールメソッド)脱毛がオススメです。

 

しかし、いくら負担が少ないとは言え0ではないので、色素沈着がある箇所や肌の状態が良くない場合は施術できない場合があることも覚えておきましょう。