シースリー 池袋東口

 

脱毛って妊娠中でも大丈夫?

 

シースリー,池袋東口,C3,池袋東口店,店舗,行き方,場所,脱毛

 

妊娠中は毛が濃くなるので、脱毛したいと思う妊婦さんも多いのではないでしょうか?
しかし、結論から言うと、妊婦さんの脱毛はサロンやクリニックから断られます。

 

医療レーザー脱毛やシースリーでも行われている光脱毛(フラッシュ脱毛)は妊娠に対して無害ではありますが、万が一お腹の子供に何かあった時に脱毛のせいにされてトラブルになる恐れがあるからです。

 

また、妊婦の肌はホルモンバランスが変化して非常にデリケートになるので、レーザーやフラッシュ光が通常よりも痛く感じる可能性が高くなります。

 

それにより発生する肌トラブルにはシースリーのような脱毛サロンでは対処できないということもありますし、脱毛が原因で母体にストレスや刺激を与えて悪影響となる可能性もあります。

 

それとホルモンバランスが崩れると、毛周期が乱れて脱毛効果が得にくくなるということもあります。

 

こんな風に、妊婦さんを受け入れてもシースリーのようなサロンやクリニック側にはデメリットの方が大きいですし、妊婦さんのためにもならないので、断られるというわけです。

 

それから、脱毛による痛みが原因で子宮収縮を招く可能性もあります。

 

子宮収縮とはお腹が張ることで、妊娠中は誰でも感じることなので心配ない場合が多いですが、稀に切迫流産や早産の危険信号の場合もあるので注意が必要になります。

 

脱毛は基本的に肌に負担を掛けてしまうので、妊娠中はなるべく行わず、出産、授乳が終了してから脱毛することをオススメします。

 

 

通い途中で妊娠がわかった場合

 

途中まで通っていて妊娠が発覚した場合は、サロンの方と次回の予約について相談した方が良いでしょう。
次回までには出産、授乳の期間もあるので、2〜3年くらいは通えなくなります。

 

しかし、ここで気になるのが2〜3年も期間が空いてしまっては、今まで通った分の脱毛効果がなくなってしまうのではないかという点だと思います。
でも安心して下さい。

 

私の場合、一度脱毛した効果は途中2〜3年空いたとしても続いていました。
ただし、施術して似ない分、毛が伸びるスピードが早くなった気がします。

 

それに妊娠中はホルモンのバランスが変化することにより毛が濃くなりますので、脱毛してもあまり効果がないとも言われています。
妊娠中にどうしてもムダ毛をケアしたい場合は、電気シェーバーで優しくなでるように処理するのが良いでしょう。

 

自己処理をするにしても、毛抜きやカミソリ、脱毛ワックスなど、肌に負担を掛ける方法は避けるのが無難です。

 

 

>>トップページへ